フリーエンジニアの単価への悩み

エンジニアとして企業に勤めている時には、全て会社の方針に沿って仕事を進めていたと思います。クライアントにサービス提供する際にも、会社が決めた価格表などを元に、サービスを提供していたでしょう。しかし、フリーエンジニアとなれば、この価格に関しても自分で決めていくことが必要となります。フリーになりたての頃は、「仕事を取らなくては」という思いから、安い単価でも引き受けていた方も多いでしょう。しかし、仕事に慣れても以前の単価で依頼されることもあり、収入に影響が出てきている方もいると思います。

では、フリーエンジニアの悩みのひとつ、単価についてご紹介しましょう。フリーエンジニアとして仕事をする際には、まずは単価なども決めていくことが必要となります。単価を決める際、苦労する方も多いと思いますが、他のフリーエンジニアの価格などを見ながら決めていった方も多いでしょう。最初のうちは、「他よりも、安くして仕事を取ろう」と考えた方もいると思います。また、クライアントの単価交渉により、安い単価で引き受けてしまった方もいるでしょう。そんな方は、その単価を引き継いで仕事を請ける羽目になり、「この単価では、もう割に合わない」と感じている方もいると思います。フリーエンジニアとして仕事をする際には、単価交渉も大切な仕事です。
生活に支障を来してしまったり、仕事内容と割に合わないと感じているのであれば、それらをしっかり伝え、単価交渉をしっかりと行っていくことが重要でしょう。

フリーランスの場合には後ろに会社があるわけではないため、強気な交渉が出来ないと感じている方もいると思いますが上手に交渉していくことも必要となります。単価交渉などが出来ないという方であれば、エージェントを通した仕事などを選ぶと良いですよ。
このように、フリーエンジニアとして仕事をしている方の中には単価についての悩みを抱えている方も少なくありません。困った時には、エージェントの利用を考えてみるのもひとつの手段でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です